男女

オンラインでピアノレッスンを習うメリット

他人に見てもらう重要性

マンガ

個人で描くよりも上達する

マンガは作者の独創性がある物が人気が出やすいものです。ですが、作品を受け入れてもらうにはマンガのコマ割りや背景などを調整しなければいけません。一コマ一コマが密度の濃い作品というのは読者の大半が読み飛ばしてしまいます。マンガの特性上コマを飛ばして読んでも前後のコマや文脈から大まかな内容は理解できるからです。密度が濃くなると制作時間も必然ですが多く必要になります。そうなれば制作に時間を掛けていられないマンガ誌に連載を持つことは出来ません。なので読者が読みやすいように作品の中で書き込む場所とそれほど書き込む必要が無い場所を分ける必要があります。作品の中で一コマの印象を強くし、同時に作業負担を軽減することで人気作になる可能性は高くなります。ですが、コマ割りや作画の単純化というのは個人で技術を上げるには非常に時間が掛かります。多くの連載マンガ家はかいているうちに作画の手の抜きどころというのを会得していきます。連載初期と比べると別のマンガじゃないかといわれる作品の多くは作者が技術が上達した結果です。専門学校ではその労力を軽くする事が出来ます。作画の単純化の方法を論理的に理解すれば連載をするときに負担を軽くすることが出来ます。また、多くの人から意見がもらえるのも専門学校のメリットです。コマ割りを勉強するには多く数をこなすだけでは読者が望む作品は出来ません。個人で描いているとどうしても得意なコマ割りが増えて読者を置いていきがちになります。専門学校は多くの批評の目があり、画力向上にはそれはとても有利に働きます。専門学校はマンガ家になるための近道なのです。